日本ロレックスのオーバーホール料金を知ろう│賢い利用方法

工夫で安くなります

時計

こまめな依頼がコツです

ロレックスにかかわらず機械式時計のオーバーホール料金は高額となりがちです。機械式時計のオーバーホール料金が高くなる理由は一つ一つのパーツが極めて精密に作られているため、たとえ小さなパーツでもとても高価だからです。また日本ロレックスに保管されていないパーツはスイス本国からの取り寄せとなるため、その輸送費用が料金に反映されることも影響しています。ロレックスのオーバーホール頻度は人によって異なりますが、ユーザーの多くが5年以上たってから依頼することが多くなっています。実は料金が高くなるのはこのようなユーザーの行動も影響しています。ロレックスのオーバーホール料金はモデルによって変化しますが、1回の依頼で5万円前後はかかるので依頼を先延ばしにしてしまうユーザーが多いのです。しかしこのような行動がかえって料金の上昇につながります。なぜなら期間を先延ばしにすると時計油の劣化が深刻となることに加え、ムーブメントをはじめとする各パーツへの負担がより大きくなるからです。パーツへの負担が大きくなると必然的に交換頻度も高まってしまうので、先延ばしにするほど料金負担が重くのしかかってくるようになります。ロレックスのオーバーホール料金を少しでも安くしたいのであれば、3年に1回程度の頻度で日本ロレックスに依頼をするのがベストです。日本ロレックスの行うオーバーホールではすべてのパーツを分解するので、定期的に依頼するだけで内部機構の大幅リフレッシュにつながります。こまめにオーバーホールを依頼して内部機構をリフレッシュしておけば、それだけパーツも長持ちするので長期的にはオーバーホール料金の節約につながります。ロレックスのオーバーホール料金を少しでも安くしたいと考えている方は、定期的に日本ロレックスにオーバーホールを依頼するようにしましょう。